白玉そうこ

積みゲーや布山から目を背けてる人の雑記ブログ。

白玉そうこ

MENU

オビツ11の服作成に便利な道具まとめ

f:id:otukimiunagi:20180411145721p:plain

最近オビツ11服作りが楽しい白玉です。

元々はポーチやがま口といった小物作っていたので、道具自体は色々持っています。

初心者ながら、その中でも服作りに使うと便利だった道具をまとめてみました。

 

 

 

サンドペーパー

型紙を布に写す時に下に敷いておくと布が伸びて逃げないのでキレイに線が引けます。

小さいドール服は縫い代がシビアだからガイド線を書くこと多いです。

ただ、布が伸びて線がガタガタになったり太すぎたりで作ってみたら小さくて入らないってあるあるだと思うので…

 

あと、ミシン縫いでパーツが小さすぎて布が送れない時に挟み込んだりするのにも使えるので、1枚持っておくと重宝します。

目が細かいよりも百均で売ってるような粗めの方が引っかかりがいいので使いやすくてオススメ。

 

シームオープナー

めっちゃ便利、本当に便利だから私のイチ押しです。

縫い代割ったり折ったりするときにアイロン細かくかけるとキレイに仕上がるし縫いやすいっていうじゃないですか。

でも正直めんどくさいしパーツが小さいとアイロンかけにくい!

 

それを解決するのがこのシームオープナー

小さなパーツの折り目もつけやすくて、縫い代も簡単にしっかり割れるのが素晴らしいところです。ついでに火傷の心配も無いのがなお良し

 

裁ほう上手

みんな大好き裁ほう上手です。

定番なので多くは語りませんが、縫えないとこは基本的にこれで貼ればオッケー。

ただ色の濃い布ははみ出すと白くなって目立つので注意!

 

ピケ 

塗って乾かす手間がかかるとはいえ、これがあるのとないのでは全然違います。

塗ると硬くなって縫いやすいし、ボロボロにならないのでキレイに仕上がります。

作ったあとも裏がほつれるとボディが引っかかって脱いだり着せたりが大変になるので、面倒でも塗るのがオススメ。

最近では百均でも取り扱ってますが、ピケって結構量を使うのでたくさん服を作るなら手芸店のやつ買った方が良いと思います。

 

かんし

オビツ11服は作ったあとひっくり返すのが大変なのであった方が圧倒的に楽です。

ピンセットでも大丈夫そうに感じますが、かんしは掴んでロック出来るので確実に引き出せます。

 

スティックのり

邪道な気がするのでオススメ!とは言い難いものの便利。

止める部分が細かいとまち針で上手く止められなかったり外れたりするので、のりで止めてます。というかまち針が苦手なので基本はこれと豆クリップで止めてる…

ちゃんとした布の仮止め用のりもありますが、私は普通ののりを使っています。

余談ですが止まればいいだろと裁縫上手で仮止めすると、布が硬すぎて縫えない時があるのでオススメしません。

 

ソーライン シャープペンシル

昔はカリスマシャープペンシルだったのが廃盤になってリニューアルしたようです。

何が便利って線が細く引けること!

普通のインクじゃないチャコを使えばと思うかもしれませんが、削らなくてもずっときれいな線が引けるのがいい感じ。

何色か色がありますが、濃い色の布にも薄い色の布にも使えるのはピンクかな?

 

ちなみに私は、専用のホルダーを買い渋って替え芯を普通の0.9mmシャーペンに入れて使ってます。

一応使えてますが、難点としては書いてると段々ペン先が引っ込んでくることと、線を落とす手段が水で洗うしかないことです。ちゃんとしたの買おうかな…

 

毛糸用とじ針

紐やゴムを後で通したいときにひも通しとして使ってます。普通サイズのひも通しだと頭が通らないので…

ただ、あれば便利だなー程度なので、別に通ればヘアピンとかでもいい気はしてます。

 

まとめ

当たり前のものも交えつつだったのですが、私が普段使っているのはこんな感じです。

これに加えて布が針穴に落ちるときはトレーシングペーパー使ったりしてます。

紹介した中で絶対買いは?と聞かれたら

1位裁縫上手、2位サンドペーパー、3位シームオープナー。

 

でも個人的に勧めたいのはシームオープナー。ローラータイプのも出てるらしいですが、しっかりと折るならオープナーの方がガシガシできる分強いはず。

 

他にも便利なものがあれば追記していきますが取りあえずはここまで、参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村