白玉そうこ

積みゲーや布山から目を背けてる人の雑記ブログ。

白玉そうこ

MENU

水素水を飲んでた人が本音で語る!その効果と選んではいけない水素水商品

水素水を飲んでいたことがある白玉です。といってもブームの始まる1年ほど前だけ。

なんで飲み始めたのかというと水素水サーバーの会社に勤めていたからです。水素水を信じていたわけではなく面白そうという理由で会社を決めました。

そのため、美容目的や健康目的で始めたわけではないので、その観点からの感想は一切ないです。

果たして効果はあったのか

f:id:otukimiunagi:20180318201106p:plain

先に結論をいいます。代謝がめちゃくちゃ良くなりました。

普段より水を飲むようになったからじゃないかと言われましたが、全く飲んでいない休みの日でも汗が止まらなくなったので効果があったんだと思います。そもそも会社でも1日働いて紙コップ2杯飲んでいたかなレベル、しかも半分ぐらい1時間以上放置して水素の抜けたただの美味しい水を飲んでいるという。

ちなみに普段の私は全く汗をかかない人で、夏でも同様です。それなのに、会社に勤めていた年の夏だけは滝のように汗が出るのでタオルなしでは出かけられず、正直いい迷惑だと思っていました。

仮に勧めるならどれを推す?サーバーや持ち運び式は?

ブームの時に色々聞かれたんですけど、とりあえず試したいならジムとか定額制で飲み放題のところを使ってみるのが良いです。

ただし、ここでやりがちなのが容器(といっても専用のアルミ容器ではなくステンレスの保冷保温ができる水筒みたいなやつでいい)を用意するのがめんどくさいからペットボトルでいいやってやつ。あと、行く手間がかかるからまとめて大量に持って帰ろうというのも駄目です。

それだと普通の水飲んでるのと一緒だし、注意書きも結構あるはずなんですが、手軽に試そうとする人ほど信じないのかこれをやります。あと料理に使おうと水素水でお湯を沸かしがちですが、水素飛んで無くなります。

市販の水素水について

 f:id:otukimiunagi:20180318201107p:plain

市販のものに関しては、詳しくないので知りませんが濃度だのなんだのはあんまり関係ないです。

ぶっちゃけ飲んでても分からないし、濃度は変動するので試薬入れないと本当か分かりません。ましてやアルミ容器に入れててもちょっとずつ抜けていくので、完璧に密封されて最初と変わらない状態はそうそう保てないと思います。なのに高いし

 サーバーについて

ウォーターサーバーを新しく設置しようとしているならば考えてもいいかも知れません。ただ、電解式でも飽和式でも基本的には数年ごとのメンテナンスは必要になるのでデメリット無くおまけの効果で欲しいだけならおすすめしません。

そのため、導入するならば月々の維持費だけではなく、メンテナンス費用がどれぐらいかかるのか考慮した方がいいです。

水素水サーバーの特徴としては、専用の水のタンクを定期的に買って付けるのではなく、水道水を入れて大丈夫なものが多いところです。サーバーだけあれば水のタンクを買う必要なく使い放題で良いように思えますが、メンテナンス費用が高く結果的に安くないパターンもあります。

「クールクー」はメンテナンス無料でした。私が飲んでいたのもROろ過式の水でしたが、クセや気になる臭いもないので飲みやすかったです。お湯も出るので(ただし水素水ではなくピュアウォーターです)便利そう。

クールクー

 

 持ち運び式のものについて

持ち運びの中でスティック式はおすすめしません。水素水が出来るまで時間がかかるうえ、水に浸け続けるからなのか提示されていた寿命よりも早く使えなくなることが多いです。

私の使っていたスティックも最初こそ元気に泡がついていたのですが、わりとすぐにそれも無くなり水の美味しさもなくなりました。

泡が無くなっても効果は続いているとは言われたものの、いやでも最初に比べたら水道水感マシマシだしと思い結局使ってないです。

しかし、市販で水素水を買っていて高いと感じているなら持ち運び式を使いたいですよね。その場合はカートリッジ式や電解式を選ぶと良いと思います。

両方容器に生成器が付いている形なので漬かり続けて効果が早く無くなることがありません。

 

 

Swish

 

まとめ

水素水はただの水と言われてからも商品は色々開発されているようで、調べてみるとお湯の水素水を作るボトルなんてものもありました。

何だかんだスーパーにも水素水は並び続けていますし、完全に廃れているわけではないんだなと感じます。

私としては、水素水は効果を過信して飲むよりか何となく飲んでこそ良いものだと思っています。そのためにはなるべく安く試せることが重要ですが、まあ分からないですよね。

値段以外でいうならば、濃度だなんだという観点から選ぶよりかは普通のウォーターサーバーとして使い続けたいかで選んだ方が後悔しません。持ち運び式の場合は重さや洗いやすさで選ぶのがいいと思います。