白玉そうこ

積みゲーや布山から目を背けてる人の雑記ブログ。

白玉そうこ

MENU

最終話が終わってからおっさんずラブを見た感想

f:id:otukimiunagi:20180605162641j:plain

とうとう誘惑に負けておっさんずラブを見てしまった白玉です。

本放送は別番組と被っていたのもあって見ていなかったのですが、最終話からのツイッターの流れを追ってしまい更にはauユーザーなのでこの特権を活用してやろうと火が付きました。

 

でも…見て良かった!!

 

注意!

内容が内容なので、三次元で腐っています。若干内容のネタバレも含んでいるので自衛してください。

 

利用した動画配信サービス

ビデオパス[PR]

auユーザーの特権でお分かりの通り、利用したのはauビデオパスです。

 

他の配信サービスはレンタルする形で配信か、最新話のみ無料なのですがビデオパスは見放題プランにあるという…しかも2016年の単発の方も見れてしまうのでお得!

値段自体も月額562円(税抜)とそこまで高くないのに、ビデオパスも他の動画配信サービスと同じく初回はトライアルで30日無料キャンペーンを行っています。

 

もうこんなの神が私に利用しろと言っているようなものじゃないですか。

 

ただ、残念なことにauユーザーしか利用できません。しかし逆に言えばauユーザーで迷っている人はビデオパスが使えるよ!ということです。

ただし、見逃し配信はある程度したらラインナップから消えそうなのでその都度確認した方がいいかも。

 

全体的な感想

牧とくっついて嬉しいけど、武蔵のことを思うと複雑!が今の感想です。

いや、すごくきれいな終わり方で良かったし、やっと武蔵も前に進めるね!と思いました。武蔵の男気というかこの人本当にいい人で頼りになって…インスタグラムの武蔵の部屋を見ていたら本当に幸せそうで今すぐ幸せにしてあげて!という気持ちが沸々と湧いてきてしまって…

でも、あれは武蔵にとってもハッピーエンドであり、彼を幸せに出来るのは春田だけだから、軽率に別CPスピンオフにはして欲しくないしで私の心は大荒れです。

 

そして、他のカップルたちにも幸せになって欲しいですね。ここは何らかの続編があれば書かれそうですが

BL系って、男同士が当たり前で何なら周りカップルは全員男!みたいな世界観と、当たり前じゃないから葛藤しつつ付き合ってる世界観に分けられると思うのですが、おっさんずラブはその中間です。

あの人数で4人が男同士OKだと前者に傾きがちなのに、ゲスト含めて周りのカップルが男女なので上手いこと薄められていて見やすいなと感じました。

 

そんな私の一番好きなシーンはラストのいちゃいちゃ…ではなく6話の別れのシーンです。

牧が泣きながら春田に好きじゃないと告げるのが、明らかに噓なのにどうにもならないし、かと言って春田ママに悪気はもちろんないわけで、そのやり取りを春田は知らない…ただただツラい。

ツラいのに何で好きなのかというと、中間の世界観なので男同士でも偏見を持つ人はいない、でもちゃんと葛藤する部分もあるんだというふわふわファンタジーに現実味を帯びさせてくれるシーンだからです。

あれがあるから、良かったねーとふわっと終わらないんだと思います。

牧があんな思いで別れを告げたのに7話では流されるがままに武蔵と付き合ってる(?)ところとか春田には若干腹が立ちますけどね!!

  

一人でうだうだしているのは悲しいので、誰かを沼に落としてやろうと考えましたが、三次元だからなあ…とやめました。原作漫画や小説ありきなら何とかなりそうですけど…

二次元で無理やり例えるなら全体的なテイストは、腰乃さん系統なので「鮫島くんと笹原くん」や「隣りの」の疾走感?テンポの良さや、いい意味でノンケ側が失礼な感じとか男同士でギャンギャン言い合いしている感じが好きならおっさんずラブも好きだと思います。逆にも言える

 

おっさんずラブの良いところ!

私が個人的にオススメしたい部分をまとめてみました。

1.上下が固定されてない

これ意外と大事!!(だと思う)

全員が受けなのか攻めなのかがハッキリと分からないので、万人に美味しい仕様になっています。どっち派が多いんだろうか

多分全員リバOKなので相手によって変わっている気はしますが、固定されていないので雑食派には嬉しいです。

ちなみに私は春牧春。2人が幸せならどっちでもいいよ

最初は牧が気を遣って下だけど慣れてきた頃に下剋上されて、盛大に焦って騒ぐ春田を見たい。

武川さんはそのまま攻めでもプライドエベレスト女王様受けでもいいと思います。

武蔵?清純派ヒロインだからそんなものはない。

2.公式からのフォローが手厚い

終わった後も情報の更新を続けてくれるだけではなく、裏話や写真などが大量にあるので余韻に浸り続けられます。インスタグラムの武蔵の部屋は絶対見て欲しい

公式ブックは予約しようか発売日に買いに行こうか悩んでます。シークレットアーカイブスみたいになったら嫌なので…

今後の展開がおとなしめなら平気だと思いつつ、グッズ展開とか考えるとBOX発売の10月まで引っ張ってきそうですよね。

3.見れば見るほど発見がある

原作ありきだと、細かい描写とか原作を見ようとなってしまったり、やっぱり原作が一番だなとなってしまったりしますが、おっさんずラブはおっさんずラブだけ!

見るたびに新しい発見があって楽しいので思わずBlu-rayが欲しくなります。こっちは我慢

まとめ

見終わった今ではなぜリアルタイムで追わなかったと後悔の嵐です。

あと、2016年→連ドラの順番で見れたのに連ドラから見てしまったこと。

この余韻に浸った状態で単発を見る気にはなれず、取り敢えず6話~7話とたまに1話をループしています。

見てしまえば良かった!となるのは分かっているのですが踏み出せないので、今から見ようと考えている人は参考?にしてください。